2010年06月11日

初入閣組 緊張と喜びの朝 蓮舫氏 白いスーツに笑顔映え(産経新聞)

 ■「行政透明化する重責」

 菅新内閣の目玉閣僚として行政刷新相への就任が決まった民主党の蓮舫氏。8日朝、「新しい日本の始まりと認識しています」。緊張感をにじませながらも時折笑顔をみせて抱負を語った。また、ほかの初入閣組の事務所には、祝電が相次いだ。

 東京都目黒区にある蓮舫氏の自宅前には、早朝から約20人の報道陣が詰め掛けた。午前9時半ごろ、トレードマークの襟を立てた白いスーツ姿で現れた蓮舫氏は一瞬驚いた表情を浮かべながら、「非常に緊張感を持った朝を迎えた」とかみしめるように語った。

 新たな職務について問われると「行政を透明化する重責。政権交代して最も政治が変わったと思ってもらえる仕事」と、事業仕分けで官僚に迫ったいつものはきはきとした口調で返答した。

 父親の出身地である台湾でも大きく取り上げられていると伝えられ「ありがとうございます」とにっこり。「女性でも母親でも、国会でしっかり仕事をさせてもらえる政党を選んで本当に良かった」としみじみ語った。

 国家戦略担当相に就任する荒井聡氏は「身の引き締まる思いだ」と国会内の事務所で晴れやかな表情で語り、「平常心を保つことが大事だが、どきどきしている」と打ち明けた。

 財務相の野田佳彦氏や公務員制度改革担当相の玄葉(げんば)光一郎氏の事務所にはお祝いのランの鉢植えが届けられ、支援者から電話や電報も続々と寄せられた。

<菅首相>小沢氏辞任で「けじめ」 政倫審に慎重(毎日新聞)
篠山紀信氏に罰金30万円略式命令 東京簡裁、青山霊園でヌード写真(産経新聞)
小林議員に早期辞職求める=民主・枝野氏(時事通信)
コンデナスト、雑誌『VOGUE NIPPON』『GQ JAPAN』『VOGUE HOMMES JAPAN』iPad版電子雑誌 独自アプリ開発を発表
国道維持管理は「抜本改善」=省庁版事業仕分けで―国交省など(時事通信)
posted by イマフク ヨウコ at 18:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。