2010年04月20日

近所住民「まさか…」 堺の1歳児死亡、また虐待か(産経新聞)

 また虐待なのか−。堺市堺区で14日、自宅から救急搬送された1歳6カ月の男児が死亡し、額のあざなど激しい虐待が疑われる跡が見つかった。救急隊が到着したときにはすでに手足が冷たく、心肺停止の状態だった。13日に通告を受けていた市子ども相談所は急遽(きゅうきょ)記者会見を開き、「対応は適切だった」と釈明。近所の住民は「一体どうして」と驚きをみせた。

 現場一帯は一戸建ての住宅やマンションが立ち並ぶ静かな住宅地。救急隊が玄関のインターホンを鳴らすと、母親(21)は男児を抱いて現れたが、すでに手遅れの状態だったという。

 母子が暮らしているマンション1階に入居する塗料販売会社の男性従業員は、「午前6時すぎごろ、救急車のサイレンが聞こえた。お年寄りの急病かと思ったが、まさか赤ちゃんだったとは。泣き声などは聞いていない」。

 2階の主婦(62)は「(母子は)昨年暮れか今年初めごろに入居してきた。あまり赤ちゃんの泣き声を聞かなかったので、何があったのか全く分からない」と困惑していた。

 一方、同相談所は会見で、男児が母親に連れられて松原市の病院を受診した際、両目の周りにあざができていたり、頭部に打撲痕が見つかったりしたことを明らかにした。相談所は虐待の可能性を認識していたが、13日の会議で緊急性はないと判断し、即時の保護を見送ったという。

【関連記事】
泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち
女児虐待で福岡市長「熊本県から連絡あれば対応が…」
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳
真冬に姉妹全員オムツ姿 寝屋川女児虐待死で逮捕の両親、育児放棄か
外国人地方参政権問題に一石

30、40歳代引きこもり珍しくない 「高年齢化」にどう対応するのか(J-CASTニュース)
政治とカネも普天間も、首相「心配ご無用」(読売新聞)
福知山線事故 JR西 脱線防止策進ちょく状況など報告(毎日新聞)
水俣病「救済措置」を閣議決定…全面解決へ(読売新聞)
水俣病救済方針を閣議決定=未認定患者3万人超対象−全面解決目指す(時事通信)
posted by イマフク ヨウコ at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。