2010年03月02日

菅副総理 来週にも年金改革協議会を開催(産経新聞)

 菅直人副総理・財務相は26日の閣議後会見で、年金制度の抜本改革に向けた検討会を来週にも設置する考えを明らかにした。

 菅副総理は「民主党は抜本改革案を提示してきた実績があり、それを改めて精査する。少子高齢化という厳しい状況を踏まえ、かなり根源的な議論が必要だ」と強調した。検討会は鳩山由紀夫首相をトップに関係閣僚で構成し、マニフェスト(政権公約)で掲げた年金制度の一元化や月額7万円の最低保障年金創設などを検討する方針だ。

【関連記事】
年金改革 長妻厚労相、関係閣僚会議の設置検討 
“ミスター年金”長妻厚労相インタビュー
年金改革 57人が「実現してほしい」
【主張】年金改革公約 超党派協議で政策合意を
民主党方針「2013年に年金改革法案」

拡張型心筋症 沙也さんの募金が目標額達成 心臓移植へ(毎日新聞)
強盗致傷を窃盗と傷害=適用罪名変更、裁判員判決−さいたま地裁(時事通信)
登校の児童5人、校庭で犬にかまれけが(読売新聞)
アグネスさん ソマリア視察終える 日本ユニセフ大使(毎日新聞)
<長崎知事選>「政治とカネ」も敗因の一つ 鳩山首相(毎日新聞)
posted by イマフク ヨウコ at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<調査捕鯨>外交的解決で外相一致 日本とニュージーランド(毎日新聞)

 日本の調査捕鯨問題を巡って岡田克也外相は25日、ニュージーランドのマカリー外相と電話で協議した。岡田氏は、オーストラリアが国際司法裁判所に提訴する考えを示したことを「残念だ」と指摘。日本は「国際捕鯨委員会(IWC)、2国間協議を通じた外交的解決を目指す」と伝えた。マカリー氏は「外交的解決を優先させるべきだ」と応じた。反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」の妨害活動について「海上の安全を脅かす危険な行為で容認できない」との認識で一致した。【野口武則】

【関連ニュース】
調査捕鯨:豪州、提訴も…IWC不調なら 外相会談で表明
岡田外相:豪に対処要請 反捕鯨船寄港時
シー・シェパード:保護したメンバー、海保が事情聴取へ
シー・シェパード:「日本の法廷で闘う用意」
シー・シェパード:メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入

閉店後ゲームセンターで強盗=刃物突き付け510万奪う−東京(時事通信)
医学部新設に反対=「教員確保で地域医療崩壊」−学部長会議(時事通信)
【Web】「社長が武器を手に入れてしまった」(産経新聞)
商品券1千万円超使えず 堺のスーパーが無届け販売、倒産(産経新聞)
静寂の港「油断はできない」=宮城・石巻の漁港−チリ大地震(時事通信)
posted by イマフク ヨウコ at 04:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。